Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

tikeda's blog

Flower, Plant, Travel, Design, My life stories

今更だけどAqua風デザイン分解

OSXアイコンやWidgetなんかでは定番となってるAqua風のデザイン。ちょっと遅い感じですが、今更ながらAqua風を突っ込んでみました。

Photoshopを使った簡単な作り方のTIPSなんかは時々目にしてたので、自分はIllustratorでやってみた。現物は以下のドロップと矢印です。

簡単なパスで作られたデータです。これだと印刷物なんかでも大丈夫。色々な応用も可能です。実際CMYKカラーで作りました。Photoshopでアルファやレイヤースタイルをいじらなくても、コツを見つければなんとなく作れます。拡大するとこういう感じ

どちらも、単なる単体のシンプルなグラデーションで塗られたオブジェクトを3つ・4つ重ねているだけです。

今の所感じてるポイントとしては以下2つ

面をはっきり出すこと
お互いのグラデーションの終わりと始まりがはっきりしていることで面がはっきりして「パリ」っとした硬い質感ができます。これがお互いのグラデーションが溶け込み合いだすと別の質感へと変わっていってしまいます。
上の光は明度のグラデーション・下の光は彩度のグラデーション
トップからは白からその色へと流れグラデーションの光をあて、下から照らされている光は例えば青であれば近い色相でより明るい水色のような色。グリーンであれば黄緑や黄色で明るい色。なるべくその色は白が含まれない鮮やかな色がよいです。

よかったら参考にしてください。
クオリティも高め色々とバリエーション作ってEPSデータを公開しました。